2019.06.26

パンやケーキも焼ける!購入をしたデロンギのコンベクションオーブンEO12562Jのレビュー

15年使用していたオーブン機能つき電子レンジが古くなり、オーブン機能の使用に不安を感じるようになってきました。

ヒーターに付着する気づかぬ焦げが、なかなか取れなくなり・・・。焦げ臭いような?

熱を発生させる家電であるので、このまま使用し続けるのは危険!!と判断。

この機にオーブンの新たな購入を検討することになりました!

私が今回、購入をしたのは、デロンギの スフォルナトゥット コンベクションオーブン(EO12562J)です。

以下の商品です。

電子レンジと一体になっていると、ヒーターが汚れやすいので、今回は一体化していないオーブンを選択しました。

コンベクションオーブンって、何?

今、電気式のオーブンの中では、主流となっているのが「コンベクションオーブン」です。

コンベクションとは、「熱の対流」のことを言います。

ヒーターが放熱する熱を、オーブン内のファンによって、熱風対流を起こし、じっくりと火を通すのがコンベクションオーブンです。

とにかく、普通のオーブンとは異なり、熱を対流させることで、油を使わない揚げ物など料理の幅が広がります

コンベクションオーブンを比較してみる

私がコンベクションオーブンを比較し、スフォルナトゥットを購入した理由は、以下です。

1. メーカーの信頼性は大事。

デロンギ社は、世界に販売拠点を持つイタリアの老舗家電メーカーです。構造も含め、信用度が高いです。

2. ノンフライオーブン機能は使ってみたい。

スフォルナトゥットには、ノンフライオーブン機能も備わっています。

3. パンやケーキ、お菓子も作りたい。

デロンギ社の製品には、ホームページにも、パンやケーキなどのレシピが載っており、本格的なオーブン調理全般を考えられています。

(パンやケーキなどお菓子も作れると、はっきりと説明には書いていないコンベクションオーブンも多いです。)

4. トースター機能は、頻繁には使わない。(我が家の普段の朝食はご飯)

トースターの機能に特化しているものは、今の所不要と考えました。

5. デザインや、音もこだわっている方が良い。

デザインもデロンギ社のものは良いです。焼き上がりに「チーン」というベルの音がします。

6. 置けるスペースが限られているので、コンパクトなものが良い。

電子レンジラックなどに置く場合、気をつけないといけないのは、上下左右のスペースです。特にオーブンの上部は、高温となるので、必要なスペースを空ける必要があります。

デロンギの スフォルナトゥット コンベクションオーブン(EO12562J)は、オーブンのサイズが、490x240x365mm(幅x高さx奥行)となっています。高さが、とてもコンパクトに出来ています。

8. 「毎日の小さな家事・掃除が楽な家電」が欲しい!!

オーブンを使用したら、必ず、汚れがつくので、拭きますよね。

パンを焼いてもパンくずが落ちます。それを使用する毎に、こまめに掃除をする作業は、積もり積もると大きな時間になります。

パンくずトレイがついていて掃除が楽なオーブン!

「掃除が楽」なオーブンとは、ズバリ、丸洗いの出来るくず受けトレイがついていることです。

ここが地味にポイントが高いです。

EO12562Jの付属品を並べてみました。以下の通りになります。

EO12562Jスフォルナトゥットの付属品
付属品一覧

左上:ワイヤーラック(ピザなどを焼くことができる大き目のラックです。)

左下:ピザストーン(本格的なストーンです。)

右上:くず受けトレイ!!(使用時はオーブン内下に設置・簡単に取り外しして丸洗いできます)

右下:ワイヤーラックと一緒に使用するトレイ(トレイを使用する際は、ワイヤーラックにはめ込むか、ワイヤーラックの上におきます。)

この他に、レシピ集の冊子(COOK BOOK)もついています。

このような、取り外しの出来るくず受けトレイがついているので、丸洗いが出来るのが特徴です。

スフォルナトゥットのくず受けトレイ
スフォルナトゥットのくず受けトレイ

デロンギのコンベクションオーブンでパンを焼いてみた。

「油を使わない唐揚げ」や、「揚げ物の温め直し」が出来ると書いたコンベクションオーブンは多いのですが、デロンギのコンベクションオーブンの説明には、「ケーキ」や「パン」「ピザ」までも、焼けるとしっかり書かれています。

パンやケーキ、お菓子なども焼けると、生活の楽しみが増えますね。(ちなみに、前のオーブン機能つき電子レンジでは、なかなかうまく行きませんでした。)

いざ、パンを焼いてみました!!

パン焼き初心者!!ということで、オーマイの「パン用強力粉 ゴールデンヨット」と「ふっくらパン ドライイースト」を使用。

早速簡単なレシピでパンを焼いてみる。
早速簡単なレシピでパンを焼いてみる

この強力粉を使用してシンプルなパンを作ってみます。

今回は、手ごねで作っていきます。発酵は、50度くらいのお湯を張った湯煎で対応します。

頻繁にパンを焼くのであれば、手ごねよりも、ホームベーカリーがあると便利です。

また、このオーブンには、トレイやラックの引き出し用の取っ手がありません。しかし、手持ちのトングや、ミトンや軍手などを使用しても、軽く引き出すことができます。

パンを焼いてみます。。(待つことしばし)

スフォルナトゥット コンベクションオーブンでパンを焼いてみる
スフォルナトゥット コンベクションオーブンでパンを焼いてみる

焼けました!!初心者なので、上達をするには、もう少し訓練が入りますが、そこそこな焼き加減。

EO12562Jスフォルナトゥットで焼いたパン
焼き上がりも良い感じです

断面もふっくらです。(柔らかかったので、割る時に少し潰してしまいました)

EO12562Jスフォルナトゥットで焼いたパン
ふっくらと焼けています

パン焼き初心者ですが、問題なく焼くことができました。

トースター機能や、ノンフライオーブン機能、ピザ焼きの仕上がりはどう?

トースター機能について

温度合わせや適切な焼き時間など、慣れが必要です。しかし問題なく美味しく焼けます。

ノンフライオーブン機能について

油を使わないで、鶏モモ肉のオーブン焼きがとても美味しく焼けました。鶏肉自体の油が落ち、皮がカリカリになります。唐揚げも、すっきりと仕上がりました。

私は、オイルプレートのトレイの中に水を入れて使用しています。(トレイはエナメル加工のため、洗うときに、油汚れがつるんと落ちます。)

コンベクションオーブンで鳥モモ肉を焼いてみた
鳥モモ肉のオーブン焼き

ピザ焼きについて

水分や油を吸収してくれるピサストーンのサイズは、直径29.5cmです。やや大きなサイズのピザを焼けます。

こちらは、具材によりますが、20分程度で焼くことができます。手作りピザもとても楽しいですよ!

今後も、色々な料理に挑戦して、オーブンを使いこなしていきたいです。